• 世界級の断層トレンチ保留地車籠埔断層保存園区へようこそ~

  • 園区について

    1999年9月21日午前1時47分に発生した集集大地震は、百年以来最も重大な台湾の地震災害でした。震災後、台湾政府は地震に関する研究プロジェクトを始め、経済部中央地質調査所から台湾大学地質学科の陳文山教授に車籠埔断層の古地震の研究チーフにとして依頼をした。この研究チームは2002年11月に南投県竹山エレアで調査を始めた。

    研究チームは断層トレンチの掘削と古地震の調査を始めた時、彼らはトレンチ現場で921集集地震によって地表裂けがことがわかった。更にはっきりとした褶曲や断層の構造も示された。これらの断層構造はいくつの地震によって作られ、世界中では珍しい地質景観にとして見らされている。国内外の研究者が、この竹山トレンチはその高い学術的価値に保存する価値があると考えいる。そのため、教育部は、これらの貴重な研究データと地質景観を維持するために「竹山車籠埔断層のトレンチ保存プログラム」を実施することを決定した。

    この園区は国立自然博物館が建設と運営を担当し、博物館の人類学組によってトレンチを掘削した。2013年5月1日にオープンしたから、この世界的な断層トレンチが見らされている。そして近隣の鹿谷の鳳凰谷鳥園ならびに霧峰の921地震教育園区と組み合わせることで地質と自然生態園区になる。

    この園区は、これらの役割を果たしている。

    1. 車籠埔断層の地質断面の保存
    2. 地震、地質及び環境生態の知識の提供
    3. 国内外に地質について研究のサポート
    園区について
  • 園区内の施設

  • 交通アクセス

    • お車でお越しの方

      高速道路の国道3号を経由し、竹山インターチェンジ(243K)の竹山·鹿谷方面へ下り、3分に到着。

    • 高速バスでお越しの方

      1. 台中駅(台鉄)から

        台中駅の反対側にある台中客運で竹山(6188路線)に行き国道バスをお乗り、竹山インターチェンジ(竹山交流道)のバス停でお降り、3分歩き到着。

      2. 高鉄台中駅から

        台湾好行の渓頭ライン高速バス(溪頭行き)をお乗り、車籠埔断層保存園區のバス停でお降り到着。

  • 入園時間と入場料

    開園時間:午前9時~午後5時、月曜定休及び旧暦の大晦日休み

    • 国定休日と連休の月曜日は開館
    • 冬·夏休み期間、月曜日は無休
    車籠埔断層保存園区入場料
    チケット種類料金適用範囲
    一般チケットNTD 50元一般参観者
    割引チケットNTD 30元
    • 団体(20名以上グループ)
    • 学生 (大学以上の学生は証明書の提示が必要です)
    無料チケット(証明書の提示が必要です)無料
    • 65歳以上
    • 6歳未満
    • 毎週水曜日10時前入場
    • 身体の不自由な方と付き添いの方お一人
  • お問い合わせ

  • 周辺観光スッポト

      • 鳳凰谷鳥園生態園区

        鳳凰谷鳥園生態園区

        • 電話番号:+886-49-275-3100
        • 住所:南投縣鹿谷鄉鳳凰村仁義路1-9號
      • 渓頭自然教育園区

        渓頭自然教育園区

        • 電話番号:+886-49-261-2111
        • 住所:南投縣鹿谷鄉森林巷9號
      • 天梯

        天梯

        • 電話番号:+886-49-200-9507
        • 住所:南投縣竹山鎮大鞍里頂林路590號
      • 杉林渓森林生態リゾートエリア

        杉林渓森林生態リゾートエリア

        • 電話番号:+886-49-261-1217
        • 住所:南投縣竹山鎮大鞍里溪山路6號
      • 台湾大学熱帯植物園

        台湾大学熱帯植物園

        • 電話番号:+886-49-264-5762
        • 住所:南投縣竹山鎮枋坪巷21之8號
      • 竹山文化園区

        竹山文化園区

        • 電話番号:+886-49-266-0192
        • 住所:南投縣竹山鎮建國路742號